\選ばれています!/

8年連続シェアNo.1※1
ARUHIの住宅ローン

住宅ローン専門金融機関/国内最大手

ARUHI スーパーフラット借換

2018年6月実行金利(団信不加入)

1.040※2

(返済期間15年~35年)

  • 2010年度~2017年度統計【フラット35】融資実行件数(ARUHI調べ)
  • 融資実行月の金利が適用になります。また、ARUHI 団体信用生命保険(一般団信)に加入した場合、金利に0.28%上乗せされます。
  • 【フラット35】業界最低水準(ただしスタンダードタイプの場合)。ARUHI調べ。
  • 上記対応日数は、来店予約の場合の最短のケースになります。書類のご提出状況や審査状況により、さらに審査日数を要する場合があります。

provide for the risk

「金利上昇リスク」に対する備えは万全ですか?

住宅ローンの返済は長期にわたるので、ご返済中に金利が上昇する可能性があります。
全期間固定金利のARUHI フラット35は金利がずっと変わらないので、毎月の返済額が上がることもなく安心です。

低金利の今のうちに!

【フラット35】などの全期間固定金利の住宅ローンを借り入れ中の方は、金利が下がったら借り換えるのが賢い借り方。今よりも低い固定金利の住宅ローンに借り換えることで、市場金利が低下した場合のデメリットを抑制することができます。

  • 低金利とは【フラット35】の現在までの金利推移に鑑みた推移のこと
  • 金利推移グラフに記載の金利は【フラット35】の旧団信制度に基づく金利を元にした推移。

ARUHI フラット35金利推移

ARUHI フラット35金利推移

さらにARUHIならこんなメリットも!

保証人・保証料

不要

繰上返済手数料

0円

ARUHI 暮らしのサービス

保証人・保証料

不要

繰上返済手数料

0円

ARUHI 暮らしのサービス

万が一の場合の保険も充実

8疾病保障特約

8疾病により就業不能状態が
12ヶ月を超えて持続した場合は

ローン残高が 0

失業保障特約

非自発的失業状態が継続した場合、

ローン返済保障が最長 6 ヶ月

ARUHI 住宅ローン専用火災保険

ARUHI 住宅ローンをご利用されるお客さまに「ARUHI 住宅ローン専用火災保険」をご用意しております。

8疾病保障特約

8疾病により就業不能状態が
12ヶ月を超えて持続した場合は

ローン残高が 0

失業保障特約

非自発的失業状態が継続した場合、

ローン返済保障が最長 6 ヶ月

ARUHI 住宅ローン専用火災保険

ARUHI 住宅ローンをご利用されるお客さまに「ARUHI 住宅ローン専用火災保険」をご用意しております。

three points why people choose

ARUHIが選ばれる3つのポイント

住宅ローン専門金融機関として
10年以上の実績

【フラット35】実行件数シェアNo.1!

スピード審査※

本審査

最短3営業日

  • 上記対応日数は最短のケースになります。一部、対象外の商品もございますので、詳しくはお問い合わせください。

ニーズに合わせた豊富な商品

住宅ローン専門だから、お客さまのニーズに合わせた商品のご提案が可能です。

従来のARUHI フラット35よりも
さらに低金利 ※1
ARUHI スーパーフラット借換
(15年~35年)
1.320%※2
安心の全期間固定金利
ARUHI フラット35
(21年~35年)
1.370%※3
  • 借入期間21年以上の場合
  • 2018年6月実行金利、一般団信加入の場合
  • 2018年6月実行金利、機構団信加入、融資比率:10割以下の場合
  • ARUHI スーパーフラットは、【フラット35】(保証型)を用いたARUHI独自の商品です。
  • ARUHI フラット35(15年~20年)の金利はARUHI 住宅ローンサイトの金利一覧よりご確認ください。

団体信用生命保険の保障内容も充実

お客さまに万が一のことがあった場合に備えて、原則として団体信用生命保険の加入を推奨しています。
ARUHIでは、お申し込みいただく住宅ローン商品によってご利用可能な団体信用生命保険が異なります。詳しくは、以下のページをご覧ください。

ARUHI 団体信用生命保険
(一般団信 など)
ARUHI スーパーフラット、
ARUHI フラットαなどをご利用のお客さま向け
機構団体信用生命保険
(機構団信)
ARUHI フラット35をご利用のお客さま向け
  • 選択する団信によって、上乗せされる金利や利用条件が異なります。ご注意ください。

サポート充実
申し込みやすさが支持されています。

全国に店舗を展開中

ARUHIは、全国に店舗を展開し、
「店舗がなくネット上で完結してしまうのが心配」
「相談できる人がいると心強い」
という方に圧倒的な支持を得ています。

Web借換申込受付中

「近所にARUHIの店舗がない」「店舗へ行く時間がない」という方もご安心ください。Webで借換申込を受付中です。
本申し込みから融資実行まで来店不要でお手続きを進めることができます。

simulation

借り換えシミュレーション

ARUHI スーパーフラット借換はこんな人におすすめです

例えば、このような場合
こんなにも総返済額の節約が可能です!!

Aさんの場合

金利 3.0%で返済中

借り換え
金利率1.320%で

総返済額

781万円の節約

Bさんの場合

金利 2.5%で返済中

借り換え
金利率1.320%で

総返済額

507万円の節約

Cさんの場合

金利 2.0%で返済中

借り換え
金利率1.320%で

総返済額

244万円の節約

  • 上記試算は、ローン残高2,657万円、残り返済期間32年のとき、そのままの返済を続けた場合と借入金額2,735万円、返済期間32年でお借り換えをされた場合の総返済額を差し引いた概算です。
  • 借り換え後の金利は団信特約料を上乗せした金利です。
  • お借り換えのお申し込みには所定の審査があり、ご希望に添えない場合がございます。

customer’s voice

お客さまの声

ライフプランが立てやすくなりました。
30代 男性

全期間固定金利の【フラット35】なら将来の返済額が決まるので、ライフプランが立てやすくなり、家計の管理がしやすくなりました。将来の子供の教育資金も計画的に貯蓄できそうです。

将来の金利上昇に備えることができ、安心しています。
40代 男性

変動金利を借りていましたが、金利の推移を見ると低金利が続いているので、今のうちに金利上昇の備えようと全期間固定金利の【フラット35】に借り換えました。金利の上昇という不安がなくなり、 心が軽くなった気がします。

住宅ローンは、
8年連続シェアNo.1のARUHIへ
お気軽にご相談ください!

※2010年度~2017年度統計【フラット35】融資実行件数(ARUHI調べ)

ご融資条件

ARUHI スーパーフラット借換

ご利用になれる方
  • お申し込み時の年齢が満70歳未満の方、最終返済時の年齢が満80歳未満の方(親子リレー返済を利用される場合は、満70歳以上の方もお申し込みいただけます。)
  • 日本国籍または永住許可を有する方
  • すべての借り入れ(※)に関して、年収に占める年間合計返済額の割合(=総返済負担率)が下記の基準を満たす方。(収入を合算できる場合も有)
    • ARUHI スーパーフラット借換 年収400万円未満:30%以下、年収400万円以上:35%以下
    • ARUHI スーパーフラットのほか、ARUHI スーパーフラット以外の住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、カードローン(クレジットカードによるキャッシング、商品の分割払いやリボ払いによる購入を含む)などをいいます。(収入合算者の借り入れを含む)
  • 借入対象となる住宅またはその敷地を共有する場合は、お申し込みご本人が共有持分を持つなどの要件があります。
  • 原則として、借換対象となる住宅ローン債務者と借換融資の申込人が同一であること。ただし、借り換えに伴い債務者を追加することができます。
  • 住宅取得時に借り入れた住宅ローンの借入日(金銭消費貸借契約締結日)※から借換融資への申込日まで1年以上経過し、かつ借換融資への申し込み前日までの直近12回分のご返済状況が良好な方。
    • 相続などで債務者が変更(債務者の追加を除く)となった場合は、当該変更の日(債務者の変更登記の原因日など)となります。
  • 年収は、原則として申込年度の前年の収入を証する公的証明書に記載する次の金額となります。
    • 給与収入のみの方は給与収入金額
    • 上記以外の方は、所得金額(事業所得、不動産所得、利子所得、配当所得および給与所得それぞれの所得金額の合計額)
  • 申し込むことができるのは、連帯債務者を含めて上限2名です。
ご融資金額

100万円以上8,000万円以内(1万円単位)かつ以下の条件を満たしていること。

  • 現在借り入れ中の住宅ローン(1万円未満切り捨て)残高および、一部の諸費用(事務手数料、ローン契約用印紙代、登記費用、完済手数料、経過利息など)の合計額以内または住宅金融支援機構の担保評価の額の200%以内のいずれか低い方まで。
    (2018年4月1日以降にお申し込みの人に適用されます。2018年3月31日までにお申し込みの人は融資対象の諸費用が一部異なります。融資対象の諸費用などについて詳しくはお近くの店舗へお問い合わせください。)
ご融資期間

15年以上で、35年-「当初の住宅ローンの経過年数※1(1年未満切り上げ)」以内

  • 住宅取得時に借り入れた住宅ローンの借入日(金銭消費貸借契約締結日)から借換融資の申込日までの経過期間を言います。
  • 最終返済時年齢満80歳未満
  • ご返済回数179~407回
ご返済方式

「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」から選択可能。6ヶ月毎のボーナス月増額返済可(ボーナス返済分はご融資金額の40%以内)

保証料

なし

事務手数料

融資金額の2.0%(消費税別)

最低事務手数料 200,000円(消費税別)

税率の適用基準日は、契約日ではなく融資実行日となります。

担保

土地・建物にアルヒ株式会社が第一順位の抵当権を登記

遅延損害金率

年14.0%(年365日の日割計算)

実質年率

0.9%~15.0%

ARUHI フラット35

ご利用になれる方
  • 申し込み時の年齢が満70歳未満の方
  • 最終返済時満80歳未満の方
  • 日本国籍または永住許可を有する方
  • 年収に占めるすべての借り入れの年間返済額(本件融資を含む)の割合(=総返済負担率)が次の基準を満たしている方
    • 年収400万円未満:基準30%以下、年収400万円以上:基準35%以下
  • 住宅取得時に借り入れになった住宅ローンの返済実績が1年以上ある方で、借り換えの申込日までの直近1年間良好に返済をしている方(直近1年間の返済状況などを確認させていただきます。)
ご融資金額

100万円以上8,000万円以内(1万円単位)かつ住宅建設費(土地取得費を含む)または住宅購入価額の10割以下。

  • 現在借り入れ中の住宅ローン(1万円未満切り捨て)残高および、一部の諸費用(事務手数料、ローン契約用印紙代、登記費用など)の合計額以内または住宅金融支援機構の担保評価の額の200%以内のいずれか低い方まで。
    (2018年4月1日以降にお申し込みの人に適用されます。2018年3月31日までにお申し込みの人は融資対象の諸費用が一部異なります。融資対象の諸費用などについて詳しくはお近くの店舗へお問い合わせください。)
  • 住宅・土地の担保評価により、ご融資金額が制限される場合がございます。
ご融資期間

15年以上で、35年-「当初の住宅ローンの経過年数(1年未満切り上げ)」以内

  • 申し込み本人の年齢が満60歳以上の場合にのみ、ご融資期間10年以上14年以下の設定もお選びいただけます。
    ただし、年齢が最終返済時満80歳未満の場合。
  • ご返済回数:119~419回
ご返済方式

「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」から選択可能。6ヶ月毎のボーナス月増額返済可
(ボーナス返済分はご融資金額の40%以内)

保証料

なし

事務手数料

【スタンダードタイプ】
融資金額の2.0%(消費税別)

最低事務手数料 200,000円(消費税別)

税率の適用基準日は、契約日ではなく融資実行日となります。

担保

土地・建物に住宅金融支援機構が第一順位の抵当権を登記

遅延損害金率

年14.5%(年365日の日割計算)

実質年率

1.2%~8.0%

トップへ
戻る
借り換えシミュレーター
来店予約
Web借換申込
借り換えシミュレーター
Web借換申込
来店予約