住宅ローン専門金融機関/国内最大手

アルヒ株式会社
Web
事前審査

0.480

2019年12月実行金利(団信不加入)
(11年目以降 年0.730%)

  • 2010年度~2018年度統計、取り扱い全金融機関のうち借り換えを含む【フラット35】実行件数(2019年3月末現在、ARUHI調べ)
  • 融資実行月の金利が適用になります。住宅購入価額の4割を手持金とした場合の金利です。
    また、ARUHI 団体信用生命保険(一般団信)に加入した場合、金利に0.28%上乗せされます。
  • 【フラット35】業界最低水準(ただしスタンダードタイプの場合)。ARUHI調べ。

例えば年収400万円の方で借り入れ金額3000万円の場合例えば年収400万円の方で借り入れ金額3000万円の場合

自己資金4割
一般団信加入
ARUHIスーパーフラット6S
当初
0.760
一般団信加入
ARUHIスーパーフラット6
11年目以降
1.010
借入期間

月々81,371

(11年目以降 月々 83,865円)

(2019 年 12 月実行金利)

  • 一般団信加入。ARUHI スーパーフラット6の場合は住宅購入価額の4割以上を手持金とする。
  • ARUHI スーパーフラットは、【フラット35】(保証型)を用いたARUHI独自の商品です。
  • ARUHI スーパーフラット、ARUHI スーパーフラットSのご融資条件はこちらをご覧ください。
  • ARUHI スーパーフラットSとは、住宅金融支援機構が定める基準を満たす住宅について、当初10年間または当初5年間、ARUHI スーパーフラットの金利を0.25%引き下げることができる制度です。
  • 上記返済例は、借入金額3,000万円、借入期間35年間、元利均等返済方式、ボーナス返済なし、団信特約料を上乗せした金利で借り入れた場合の事務手数料(消費税込)を含めた概算金額です。
  • 事務手数料は融資金額の2.0%(消費税別)です。
  • 団信不加入の場合は、「上記金利 -0.28%」となります。
  • 融資実行月の金利が適用になります。

例えば年収400万円の方で借り入れ金額3000万円の場合例えば年収400万円の方で借り入れ金額3000万円の場合

自己資金3割
一般団信加入
ARUHIスーパーフラット7S
当初
0.810
一般団信加入
ARUHIスーパーフラット7
11年目以降
1.060
借入期間

月々82,055

(11年目以降 月々 84,563円)

(2019 年 12 月実行金利)

自己資金2割
一般団信加入
ARUHIスーパーフラット8S
当初
0.860
一般団信加入
ARUHIスーパーフラット8
11年目以降
1.110
借入期間

月々82,742

(11年目以降 月々 85,266円)

(2019 年 12 月実行金利)

  • 一般団信加入。ARUHI スーパーフラット7の場合は住宅購入価額の3割以上を手持金とする。ARUHI スーパーフラット8の場合は住宅購入価額の2割以上を手持金とする。
  • ARUHI スーパーフラットは、【フラット35】(保証型)を用いたARUHI独自の商品です。
  • ARUHI スーパーフラット、ARUHI スーパーフラットSのご融資条件はこちらをご覧ください。
  • ARUHI スーパーフラットSとは、住宅金融支援機構が定める基準を満たす住宅について、当初10年間または当初5年間、ARUHI スーパーフラットの金利を0.25%引き下げることができる制度です。
  • 上記返済例は、借入金額3,000万円、借入期間35年間、元利均等返済方式、ボーナス返済なし、団信特約料を上乗せした金利で借り入れた場合の事務手数料(消費税込)を含めた概算金額です。
  • 事務手数料は融資金額の2.0%(消費税別)です。
  • 団信不加入の場合は、「上記金利 -0.28%」となります。
  • 融資実行月の金利が適用になります。

自己資金1割
機構団信加入
ARUHI フラット35S
当初
0.960
機構団信加入
ARUHI フラット35
11年目以降
1.210
借入期間

月々84,127

(11年目以降 月々 86,682円)

(2019 年 12 月実行金利)

  • ARUHI フラット35Sとは、住宅の技術基準によって、当初10年間または当初5年間、ARUHI フラット35の金利を0.25%引き下げることができる制度です。
  • 上記返済例は、借入金額3,000万円、借入期間35年間、元利均等返済方式、ボーナス返済なし、団信特約料を上乗せした金利で借り入れた場合の事務手数料(消費税込)を含めた概算金額です。
  • 事務手数料は融資金額の2.0%(消費税別)です。
  • 機構団信加入、融資比率:借り入れは9割以下。借り換えは10割以下の場合
  • 団信不加入の場合は、「上記金利 -0.20%」となります。
  • 融資実行月の金利が適用になります。

金利が低いARUHI フラット35(融資比率:9割以下)とARUHI フラットαを組み合わせることにより、物件価額の10割まで借り入れることが可能です。さらに、ARUHI フラット35は、住宅ローンの融資事務手数料、不動産仲介手数料、登記費用、印紙代、適合検査などの諸費用も一部お借り入れすることが可能です。(2018年4月1日以降にお申し込みの人に適用されます。)

  • ARUHI フラットαのご融資条件はこちらをご覧ください。

お客さまに万が一のことがあった場合に備えて、原則として団体信用生命保険の加入を推奨しています。
ARUHIでは、お申し込みいただく住宅ローン商品によってご利用可能な団体信用生命保険が異なります。詳しくは、以下のページをご覧ください。
団体信用生命保険(団信)とは

ARUHI 団体信用生命保険(一般団信 など)
ARUHI スーパーフラット、
ARUHI フラットαなどをご利用のお客さま向け
機構団体信用生命保険(機構団信)
ARUHI フラット35をご利用のお客さま向け
  • 選択する団信によって、上乗せされる金利や利用条件が異なります。ご注意ください。

  • 上記対応日数は最短のケースになります。一部、対象外の商品もございますので、詳しくはお問い合わせください。

すでにお持ちの口座を返済口座として選べるので、口座開設などの手間がなく便利です。

  • 新規借り入れの場合、返済口座として指定できるのは、給与口座、もしくは生活口座となります。
  • 生活口座とは、毎月一定額の入金があり、生活費(家賃、公共料金、保険料など)のお支払いにご利用されている口座です。

  • 保険金などの支払いには、制限条件がございます。
    お申し込みに当たっては、保障内容の詳細について被保険者のしおり記載の「契約概要」「注意喚起情報」を必ずお読みください。

ARUHIは、全国に店舗を展開し、「店舗がなくネット上で完結してしまうのが心配」「相談できる人がいると心強い」という方に圧倒的な支持を得ています。

 
  • 2019年3月末現在の拠点数

「近所にARUHIの店舗がない」「店舗へ行く時間がない」という方もご安心ください。Webで事前審査を受付中です。Web事前審査を通過されたお客さまは、来店不要で本申し込みから融資実行までのお手続きを進めることができます。

こんな方にも多く
ご利用いただいています

転職・就職・起業後、間もないお客さま

【フラット35】では、勤続年数の最低期間を定めていません。安定した収入があると判断できれば、申し込み可能です。

  • 給与所得者の場合は1回以上の給与支払、自営業者の場合は確定申告を1回以上行っていればお申し込み可能です。

育休・産休・介護休暇中のお客さま

申し込み時に育休・産休・介護休暇を取得している場合であっても、申し込み可能です。

契約社員・派遣社員・パートのお客さま

収入の継続性があると判断できれば、申し込み可能です。
さらに、収入合算としての申し込みも可能です。

自営業のお客さま

自営業の方も申し込みいただけます。また、専従者が奥様やお子様で、連帯債務者となられる場合は、専従者の給与収入金額を合算することもできますのでご検討ください。

病歴などにより、団体信用生命保険に加入できないお客さま

団体信用生命保険に加入できない方でも、【フラット35】をご利用いただくことは可能です。

親族居住のための住宅・セカンドハウスでのお申し込みをご希望のお客さま

申し込みいただく方のご両親やお子様などがお住まいになるための住宅を建設または購入する場合でも、【フラット35】をご利用いただけます。 生活の拠点としている現在のお住まいの他に、ご自身で居住される2戸目の住宅を取得する際も、【フラット35】がご利用いただけます。

住宅ローンは、
9年連続シェアNo.1のARUHIへ
お気軽にご相談ください!

※2010年度~2018年度統計、取り扱い全金融機関のうち借り換えを含む
【フラット35】実行件数(2019年3月末現在、ARUHI調べ)

ご融資条件

各種商品のご融資条件は、下記リンクをご確認ください。

トップへ戻る