ARUHI

ARUHI

本当に住みやすい大賞2019
授賞式典レポートはこちら

この度は、住みやすい街大賞のゲストに選んで頂き、嬉しく思います。これから結婚する機会があるかもしれませんし、このまま愛犬とずっと暮らすのかもしれませんが、ARUHIさんの実データを基にして発表される、住みやすい街のランキングを参考にさせて頂きたいので、とても楽しみにしています。

Profile

2000年に芸能界デビュー。 2005年に、高校の野球部マネージャーの経験を生かし、『SWALLOWS BASEBALL L!VE』に女子マネージャーとしてレギュラー出演。 2006年1月には『2ndハウス』でドラマ初主演を果たし、その後、TV、映画、CMなど様々な分野で活躍。

どこに住みたいかという事は、人生をどう送りたいかという事。それだけ大きな意味を持つ選択に、時として僕らは迷い、戸惑ってしまいます。こうしてゲストとしてお招き頂いたまさに今、奇しくも僕はその大きな選択の真っ只中にあります。一緒に背中を押されましょう。

Profile

【左】平子祐希と【右】酒井健太のお笑いコンビ。2006年にコンビを結成後、『THE MANZAI 2012』準優勝、『キングオブコント 2013』ファイナリスト選出等の経歴を持つ。TV、映画、CMなど多数出演。

  • 個性的で魅力的なお店が並ぶ一番街商店街

  • 6路線の利用が可能な赤羽駅

  • 浜焼きが有名な超人気店「赤羽 トロ函」

評価のポイント

利便性が良く、庶民性もある“NEXT吉祥寺”にふさわしい街

  • 大型スーパーに加えて、赤羽一番街商店街・赤羽スズラン通り商店街の2つの商店街があり、生活に必要なお店が充実
  • 湘南新宿ライン・京浜東北線・宇都宮線・赤羽線・埼京線・高崎線の6路線利用可能で、交通の便がよい
  • 総戸数3,373戸からなる大団地「赤羽台団地」の再生事業、駅周辺の再開発計画によりさらに活気がある街になることが期待できる
  • 赤羽公園や赤羽自然観察公園などの公園も生活圏にあり、大人だけではなく、子供も生活しやすい

  • 都内でも有数のケヤキ並木が続く中杉通り

  • 秋には紅葉を楽しむことができる和田堀公園

  • 1957年創業の老舗和菓子屋「うさぎや」

評価のポイント

自然の豊かさと都会の便利さを合わせ持つ、家族暮らしに最適な街

  • 待機児童数が少ない杉並区、幼稚園や保育園が街に揃っている
  • 活気ある阿佐ヶ谷に隣接する住宅エリア
  • 落ち着いた都会暮らしの雰囲気があり、新宿まで11分、大手町まで32分のアクセス、銀座・東京など都心の主要駅を結んで使い勝手がよい
  • 駅前には杉並区の公共施設がまとまっており、便利

  • 再開発により駅前周辺の様子が一変した日暮里

  • 下町情緒あふれる谷中銀座商店街

  • 谷中銀座商店街の名物 谷中メンチ

評価のポイント

古き街並みが残る都心へのアクセスが良い街

  • 日暮里・西日暮里・三河島が再開発エリアに指定、街の変化が期待できる
  • 谷中銀座が近くにあり、日常の買い物に便利
  • 山手線、京浜東北線、常磐線の3線が利用可能、成田空港へ36分のアクセス、常磐線では品川や新橋、東京といった都心に乗り換え無しで行くことが可能
  • 山手線沿線の中では、比較的価格がリーズナブル

  • 工業用地がマンションに変わり駅前がにぎやかになった川口

  • 夏は青々とした木々に癒される川口西公園

  • 農林水産大臣賞を受賞したクロワッサンB.C.が人気のパン屋「デイジイ」

評価のポイント

家族で楽しめる商業施設が充実した街

  • かつての工業エリアが居住ゾーンとして拡大、平成30年4月1日川口市は中核市に移行
  • 東京駅までJR京浜東北線で23分と都心へのアクセスが良い
  • 川口駅西口側に約3万㎡の公園があるなど緑のスペースづくりが行われ、潤いもある街に変身している

  • 特徴的な街づくりが進んでいる柏の葉キャンパス駅周辺

  • 産学連携の拠点「東京大学の柏キャンパス」

  • 昭和53年創業以来、愛され続けてきたラーメン

評価のポイント

スマートに暮らす未来キャンパスシティ

  • 駅周辺は「環境共生」「健康長寿」「新産業創造」の実現を目指した官民一体の特徴的な街づくりが進んでいる
  • 駅前に大型商業施設 ららぽーと柏の葉・複合施設 柏の葉 T-SITE
  • 国立がんセンターなど医療機関も充実、街で健康をサポート
  • 東大、千葉大のキャンパスがあり、教育熱心な家庭が集まっている
    • 今年度超高層マンション3棟という大規模建設が着手され、東京オリンピック開催後には選手村が5000戸を超える住宅へと改修される予定もあることから、人口増に伴って商業施設などの充実も期待できる
    • 幹線街路環状第2号線の整備が進行中、都心への道路アクセスが向上
    • 街区が広く、木造密集地域がなく防災面で安全性が高い
    • 日々の暮らしに必要な買い物は商店街ですませられ、安いお店も多い
    • 白髭西地区市街地再開発事業によって住環境の整った大規模な居住エリアが完成、新た商業施設、高層マンションが増えてイメージが一新
    • 常磐線と日比谷線、つくばエクスプレスの3路線が利用可能
    • 再開発では公園なども整備、緑が身近で防災性も高めた街区に変化
    • 「住む」「働く」「学ぶ」「憩う」など、各種機能の複合した総合的な都市づくりを進める千葉ニュータウンの中心駅、計画的な街づくりで、街路樹などの自然も豊富で良好な住環境が醸成されている
    • 新築分譲価格は割安感が大きく、ゆとりある面積の物件が多い
    • 南口駅前の約1.5ha、南小岩七丁目地区第一種市街地再開発事業が検討されており、今後の発展が期待できる
    • 東京駅まで20分強でアクセスでき交通利便性が高い
    • 都心に近い割に、新築の分譲価格が抑えられている
    • 南武線で、川崎・新川崎・武蔵小杉・溝の口といったターミナル駅にアクセス可能、メーカーの拠点が南武線沿線に多く、住エリアとして成長し続けている
    • 東京から近い割には一戸建てが比較的割安で購入できるエリア

審査基準

  • 住環境

    インフラ整備や、衣食環境などを中心に、「住むことの快適さ」などに影響を及ぼす周囲の状況の良さを総合的に審査します。

    交通利便

    「働く」という視点において、都心の主要駅へのアクセス面や交通機関の利用面における「快適さ」などから審査します。

    教育環境

    自治体の「教育」に対する制度の充実度のみでなく、子供たちにとって安全・安心に暮らしていける環境が学校・家庭・地域の連携により構築されているかなどを判断基準に審査します。

    発展性

    商業・工業・その他インフラ整備や交通面など総合的な視点から街全体としての利便性において、将来的な「街としての価値の向上」が見込める点を中心に審査します。

    コストパフォーマンス

    その他の審査基準と連動する形で、「住まい環境」の充実度に対する家賃相場や分譲価格相場、物価の相場などから審査します。

審査員紹介

  • 櫻井 幸雄

    1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく、近畿圏、中部圏、福岡、札幌など全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説で定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞で連載コラムを持ち、テレビ出演も多い。近著は「買って得する都心1LDK」(毎日新聞出版)
  • 岡本 郁雄

    岡本 郁雄

    ファイナンシャルプランナーCFPR、中小企業診断士、宅地建物取引士。不動産領域のコンサルタントとして、マーケティング業務、コンサルティング業務、住まいの選び方などに関する講演や執筆、メディア出演など幅広く活躍中。専門家サイトAll Aboutの「マンショントレンド情報」も担当し首都圏を中心としたマンション市場にも詳しい。神戸大学工学部卒。岡山県倉敷市生まれ。

本当に住みやすい街対象とは?

国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社は
「探す・買う・暮らす」をつなぐ住生活プロデュース企業として
今まで人々に寄り添ってまいりました。

本当に住みやすい街大賞は、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から
アルヒのサービスをご利用のお客様の膨大なデータを元に、本当に住みやすい街を選定することで
人々の住まい選びの参考になることを目的としたアルヒにしか出来ないランキングになります。

住環境・交通利便・教育環境・コストパフォーマンス・発展性の5つの基準を設定し
アルヒの膨大なデータをもとに住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による
公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定してまいります。

ARUHIの商品・サービス

※1 2010年度~2017年度統計【フラット35】融資実行件数(当社調べ)