本当に住みやすい街大賞2020

特別企画 4000円以下で大満足! 本当に美味しいお店大賞2020 授賞式典レポートはこちら

メッセージ

タレント 若槻千夏さん

この度は、本当に住みやすい街大賞のゲストとして選んで頂きありがとうございます。
住む場所によって普段の生活や人生も変わってくると思うので、今回のランキング
とても楽しみにしています。
私も今後の家族との生活に参考にさせて頂きたいと思います。

Profile

17歳の時に渋谷109でスカウトされ株式会社プラチナムプロダクションに所属、芸能界入り。
2009年に株式会社WEGOとアパレルブランド「w♥c」を立ち上げる。
同ブランド退任後、株式会社WCJAPANを立ち上げ、自身がプロデュースするキャラクター「クマタン」を中心に、日本をはじめアジアでも展開。
また、2012年に結婚し現在2児のママであり、2018年には幼児向けのクマタンの知育絵本を出版。
2019年には渋谷区の「子育てネウボラアンバサダー」に就任するなど幅広く活躍を続けている。

芸人 ダイアンさん

一番知りたかったこと。
これを知っているか知らないかでは生活が大きく変わってきます。
いろいろな情報を耳にしますが本当に住みやすい街を勉強したいと思います。

Profile

2000年4月にコンビを結成し、ダイアンとして活動開始。
2001年から『M‐1グランプリ』に出場し、2007年には初の決勝進出を果たす。
2018年4月、芸歴18年目にして東京に進出し、『水曜日のダウンタウン』や
『アメトーーク!』などの人気番組に多数出演。

芸人 レイザーラモン・RGさん

住みやすい街のあるあるをはやくいいたい♪
住みやすい街のあるある今からいうよ♪
住みやすい街はARUHIさんの住みやすい街大賞グランプリを受賞しがち♪

Profile

1974年6月8日生まれ。 熊本県出身、愛媛県育ち。
1997年よりレイザーモンHGとお笑いコンビ「レイザーラモン」として活動。
いち早く世間を切り取ったモノマネと、どの分野でも「あるある」という共有項を見つけるあるあるネタが話題。
プロレス、スニーカー、バイク、バードウォッチングと幅広い趣味に精通している。

ランキング結果発表

1位 GRAND PRIX 川口(JR 京浜東北線)

  • 都心へのアクセス良好なベッドタウンの川口駅

  • 2019年からはじまった川口花火大会

  • 自然に囲まれた川口西公園や都市開発が進む西口

評価のポイント

豊かなライフバランスが叶う、住まいも暮らしも伸び続けるパワータウン

  • 銀座通り商店街の再開発が進行中、2023年には商業施設を含む地上29階の複合タワーマンションが完成予定、
    今後の更なる街の発展が期待できる
  • 浦和や大宮駅に比べ東京都心に近いわりに、地価や物件価格がリーズナブル
  • 新宿駅まで25分・池袋駅まで20分、東京・品川・上野・横浜にも乗り換えなしでアクセス可能、周辺沿線の駅に向かうバスも
    複数運行されており交通至便
  • 川口西公園・リリアパークなど公園が点在してあり、ファミリー層が楽しめる環境が整っている
  • 駅周辺に「アリオ川口」・「キュポ・ラ」などの商業施設が充実、「ララガーデン」などのショッピングモールも利用でき
    日常の買い物に便利

2位 SILVER PRIZE 赤羽(JR 埼京線)

  • 昼からでも充実した飲み歩きができる赤羽一番街商店街

  • 再生事業で生まれ変わった旧赤羽台団地のヌーヴェル赤羽台

  • 駅近に遊具が充実している赤羽公園

評価のポイント

利便性が良く、庶民性もある“NEXT吉祥寺”にふさわしい街

  • 湘南新宿ライン・京浜東北線・宇都宮線・埼京線・高崎線・東京上野ラインなど複数路線が利用可能な上、
    都心へのアクセスも15分程度と交通利便性がよい
  • 昭和37年に建設された総戸数3,373戸からなる大団地「赤羽台団地」が再生事業で「ヌーヴェル赤羽台」に建替えられ街の活性化が見込まれる
  • ”子育てするなら北区が一番”を掲げる北区は、子育て応援サイト 「きたハピ」の開設等 子育てファミリー層を支援する街作りを
    積極的に進めている
  • 大型スーパーに加えて、赤羽一番街商店街・赤羽スズラン通り商店街の2つの大きな商店街があり生活利便性が高い

3位 BRONZE PRIZE たまプラーザ(東急 田園都市線)

  • 駅直結のたまプラーザテラス

  • 渋谷・二子玉川・大手町へダイレクトにアクセス可能なたまプラーザ駅

  • 緑が多く、子供向け遊具が揃っている美しが丘公園

評価のポイント

美しい街並み広がる、緑豊かなエレガントシティ

  • 踏切がなく街路樹付きの広い歩道が整備、たまプラーザ駅の近くには美しが丘公園があり潤いのある住環境を重視した
    街づくりが行われている
  • 成熟した住宅エリアであり教育に関心の高い住民が多く公立小学校の評判も良好
  • 駅直結の「たまプラーザテラス」の誕生、美しの森・荏子田エリアの開発や団地建替えと今後も街の環境整備が進んでいくことが期待できる
  • 田園都市線利用で再開発が進む渋谷・二子玉川・大手町へダイレクトにアクセス可能、東名川崎ICが近くにあり遠方への移動も便利

4位 柏の葉キャンパス(首都圏新都市鉄道 つくばエクスプレス)

  • 柏の葉T-SITEの前には豊かな緑と親水空間が広がるアクアテラス

  • 駅前には大型商業施設ららぽーと柏の葉

  • 近隣には東京大学の柏キャンパス

評価

評価のポイント

スマートに暮らす未来キャンパスシティ

  • 駅周辺は「環境共生」「健康長寿」「新産業創造」をテーマとした街づくりの実現を目指した官民一体の特徴的な街づくりが進んでいる
  • 駅前に、「ららぽーと柏の葉」・複合施設「柏の葉 T-SITE」などの大型商業施設が充実しているため利便性が高い、国立がんセンターなど医療機関も充実
  • 東大、千葉大のキャンパスがあり、教育熱心な家庭が集まっている
  • つくばエクスプレス線で北千住駅や秋葉原駅へ約30分程でダイレクトアクセス可能

5位 入谷(東京メトロ 日比谷線)

  • 観光客が多く下町情緒が残るエリア

  • 毎年40万人が訪れる日本最大級の朝顔市、入谷朝顔まつり

  • 周辺から望む東京の代表的シンボル、スカイツリー

評価

評価のポイント

下町情緒豊かな魅力と活気あふれるノスタルジックタウン

  • 山手線も徒歩圏内、上野駅へも1駅、バス路線も整備されており
    目的地に合わせて移動手段の選択が可能
  • 山手線近接エリアの中では、比較的価格がリーズナブルで職住近接を実現しやすい場所
  • 浅草や上野などに隣接している下町情緒残るエリア、観光客の増加に応じて
    今後街の活性化が期待できる
  • 6位 王子(JR 京浜東北線)
    評価
    • 周辺エリアでマンションの供給が活発化、北区新庁舎建設計画も進行中で
      街の将来性も期待できる
    • 京浜東北線・南北線・都電荒川線の3路線が利用可能、東京駅まで約20分で
      アクセスができるため都心への通勤や通学に便利
    • 日本の都市公園100選に選ばれた音無親水公園など、公園が多く
      子育てしやすい環境が整っている
    • 北とぴあや中央公園文化センターなどの文化施設が点在、飛鳥山公園内には
      渋沢史料館や北区飛鳥山博物館など文化や芸術に触れる施設も豊富
  • 7位 武蔵小金井(JR 中央本線)
    評価
    • 2020年に向けて「小金井市都市計画マスタープラン」に基づくまちづくりが
      進行中、駅周辺で再開発が続き利便性が大きく向上
    • 駅周辺を抜けると閑静な住宅街が広がり、都内有数の規模を誇る都立小金井公園など
      自然が豊富な住環境が整っている
    • 東京学芸大附属小金井小学校や東京学芸大など教育関連施設が豊富なため、
      国公立小中学校の評価が高く子供の教育に最適な環境
  • 8位 小岩(JR 総武本線)
    評価
    • 南口の大規模再開発が進行中、地上33階建の商業施設・オフィス含む複合施設が
      完成予定であり、今後の街の賑わいが期待できる
    • 直通で東京駅まで20分・新宿駅まで30分でアクセスができるため、通勤に便利
    • 都心に近い割に新築の分譲価格が抑えられており、手が届く価格帯の物件が多い
  • 9位 ひばりヶ丘(西武 池袋線)
    評価
    • ベットタウンとして成熟しており、「イオンモール東久留米店」など
      生活関連施設が整い良好な住環境が形成されている
    • 大規模マンションの供給が活発化しており、不動産価格が抑えられ
      ファミリー層に手が届く価格帯の物件が豊富
    • ひばりが丘団地で再生の取り組みと、駅周辺の再開発が進むことで
      更なる発展が期待できる
  • 10位 東雲(東京臨海高速鉄道 りんかい線)
    評価
    • 豊洲と有明の間に位置する発展目覚ましいベイフロントに位置し、
      自転車と歩道が分離され電柱も排除され整った街並み
    • 有楽町線の「豊洲」駅や「辰巳」駅が徒歩圏で都心へダイレクトアクセス
    • 近隣した有明・辰巳エリアに有明テニスの森等の公園やスポーツ施設、
      ユネスコスクールに加盟している小学校があり教育環境が充実している
    • 再開発街区東雲キャナルコートなど商業・住宅が一体整備、24時間営業の
      「イオン東雲店」などもあり生活利便性が高い
地域レポート記事を読む

本当に住みやすい街大賞とは?

国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社は
「探す・買う・暮らす」をつなぐ住生活プロデュース企業として
今まで人々に寄り添ってまいりました。

本当に住みやすい街大賞は、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から
アルヒのサービスをご利用のお客さまの膨大なデータを元に、本当に住みやすい街を選定することで
人々の住まい選びの参考になることを目的としたアルヒにしか出来ないランキングになります。

住環境・交通利便・教育環境・コストパフォーマンス・発展性の5つの基準を設定し
アルヒの膨大なデータをもとに住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による
公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定してまいります。

本当に住みやすい街大賞 2019

ランキング審査基準

審査基準

住環境

インフラ整備や、衣食環境などを中心に、「住むことの快適さ」などに影響を及ぼす周囲の状況の良さを総合的に審査します。

交通利便

「働く」という視点において、都心の主要駅へのアクセス面や交通機関の利用面における「快適さ」などから審査します。

教育環境

自治体の「教育」に対する制度の充実度のみでなく、子供たちにとって安全・安心に暮らしていける環境が学校・家庭・地域の連携により構築されているかなどを判断基準に審査します。

発展性

商業・工業・その他インフラ整備や交通面など総合的な視点から街全体としての利便性において、将来的な「街としての価値の向上」が見込める点を中心に審査します。

コストパフォーマンス

その他の審査基準と連動する形で、「住まい環境」の充実度に対する家賃相場や分譲価格相場、物価の相場などから審査します。

審査員紹介

審査委員長 櫻井 幸雄

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく、近畿圏、中部圏、福岡、札幌など全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説で定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞で連載コラムを持ち、テレビ出演も多い。近著は「買って得する都心1LDK」(毎日新聞出版)

選定委員 岡本 郁雄

ファイナンシャルプランナーCFP®、中小企業診断士、宅地建物取引士、公認 不動産コンサルティングマスター。不動産領域のコンサルタントとして、マーケティングやコンサルティング、住まいの選び方などに関する講演や執筆、メディア出演など幅広く活躍中。WEBメディア「街とマンションのトレンド情報局」を運営しマンション市場や街づくりに詳しい。昭和42年岡山県倉敷市生まれ。神戸大学工学部卒。

【本件に関するメディア掲載・広告に関するお問い合わせ先】

アルヒ株式会社 マーケティング本部
マーケティングコミュニケーション部

メール : aruhi_pr@aruhi-group.co.jp

ARUHI は国内最大手の
住宅ローン専門
金融機関です

ARUHI

新しい生活は「ある日」始まります。

人生は「ある日」の積み重ねでできています。そして住宅を持つ日は、お客さまにとってかけがえのない「ある日」。

私たちARUHIはさまざまなニーズにお応えする住宅ローン商品を、全国の店舗をはじめとする多様なチャンネルにてご提案することで、お客さまの大切な「ある日」が最高のものとなるようにお手伝いします。

さらに、お客さまの新しい生活がより楽しく、充実したものとなるよう、理想の家探しから、日々の暮らしのコストを下げる優待サービスまで、ライフステージに合わせてご提供します。

新しい生活のはじまりから、ずっと寄り添うようにお付き合いさせていただく「住生活プロデュース企業」として、ARUHIはお客さまの豊かな住生活の実現を応援します。

ARUHIの商品・サービス

※ 2010年度~2018年度統計、取り扱い全金融機関のうち借り換えを含む【フラット35】実行件数(2019年3月末現在、ARUHI調べ)
※ 「国内最大手」表記について:累積融資実行件数及び金額 2019年6月 株式会社 日本能率協会総合研究所調べ