繰上返済

繰上返済をご検討中のお客さまへ

現在の金利環境では、繰上返済と併せて借り換えもすることで、さらにメリットがある場合があります。
この機会にぜひ借り換えもご検討ください。
借り換えのご相談は、下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

借り換えのご相談

フリーダイヤル 0120-353-791
受付時間:10:00~19:00(※年末年始除く)

ご融資実行後の繰上返済については下記の通りです。

ARUHI フラット35の繰上返済

ARUHI フラット35(ARUHI フラット35パッケージのARUHI フラット35部分を含む)の繰上返済についてです。

全額繰上返済

全額繰上返済は、初回返済が完了していなくても、申し込み可能です。

申し込み方法 お電話のみの受け付け
手数料 無料
ご返済方法 ARUHI指定口座へ振り込み
ご連絡期限 完済希望日の1ヶ月以上前までに連絡

一部繰上返済

繰上返済は、初回返済が完了し、ご返済が滞りなく行われている場合に限ります。

申し込み方法 インターネットでの申し込み 「住宅金融支援機構 住・My Note」にて受け付けとなります。
電話での申し込み ご希望される一部繰上返済内容を伺い郵送にて「繰上償還シミュレーション結果兼繰上償還申請書」をお送りいたします。書面の内容をご確認の上、ご署名、ご捺印後当社指定の期限までにご返送をいただき申込完了となります。
  • 申し込みの際はご契約者ご本人さまよりご連絡ください。
  • インターネット受け付けの住・My Noteと電話申し込みでは、取り扱い金額が異なります。
手数料 無料
取扱金額 【住宅金融支援機構 住・My Note】
  • 10万円以上(元金相当額)
  • ご返済方法を「ボーナス併用払い」とされている方で返済期間を短縮する方法による一部繰上返済を希望される場合には「6回分の毎月返済元金+1回分のボーナス返済元金」以上の金額が必要となります。
【電話】
各回100万円以上かつ、以下の1または2の金額
  • 毎月の返済額分のみの返済の場合は、繰上返済日に続く6回以上の支払い回数分の元金相当額
  • 6ヶ月毎増額返済分との併用である場合は、次の(ア)と(イ)の合計額
    (ア) 繰上返済日に続く6の整数倍の支払回数分の毎月返済分の元金相当額
    (イ) (ア)に併せて返済すべき6ヶ月毎増額返済分の元金相当額
ご連絡期限 申込期限は口座振替日の1ヶ月前まで
ご返済方式 期間短縮型、返済額軽減型のいずれかを選択 詳しくはこちら
ご返済方法 毎月の口座引き落とし日に、通常のご返済額と合わせて引き落とし。銀行休業日の場合は、口座引き落とし日の翌営業日

ARUHI フラット35以外の商品の繰上返済

ARUHI スーパーフラット、ARUHI フラットα、ARUHI 変動S、ARUHI フリーダムの繰上返済についてです。

全額繰上返済

全額繰上返済は、初回返済が完了していなくても、申し込み可能です。

申し込み方法 お電話のみの受け付け
手数料 50,000円(消費税別)
  • 2014年4月1日以降に発生する手数料については新税率を適用いたします。
ご返済方法 ARUHI指定口座へ振り込み
ご連絡期限 完済希望日の1ヶ月以上前までに連絡

一部繰上返済

繰上返済は、初回返済が完了し、ご返済が滞りなく行われている場合に限ります。

申し込み方法 インターネットおよびお電話でのお申し込みが可能です。
インターネットでの繰上返済をご希望の場合は、事前に「Web繰上返済サービス利用申込書兼同意書」の提出が必要。
契約面談時に未提出の場合は、ARUHIのホームページよりダウンロードもしくは、電話での申し込み。
※一部の商品は電話でのお申し込みとなります。
手数料 インターネットでの申し込み 無料
電話での申し込み 期間短縮型:10,000円(消費税別)
返済額軽減型:30,000円(消費税別)
※一部繰上返済には2つの方法があります。 詳しくはこちら
  • 2014年4月1日以降に発生する手数料については新税率を適用いたします。
取扱金額 インターネットでの申し込み 1万円以上(1万円単位)
※ただし毎月返済額の最低1回以上
電話での申し込み 30万円以上(1万円単位)

ご確認ください

ARUHI フラット35S等をご利用の場合

一定期間金利を引き下げるARUHI フラット35Sや段階金利(当初10年間と11年目以降で金利の異なるタイプ)をご利用の場合、
低い金利の適用期間内に繰上返済を行った場合でも、低い金利の適用期間に変更はありません。

住宅ローン減税を受けている場合

一部繰上返済の結果、返済期間(初回返済日から最終回返済日まで)が10年未満になった場合、
住宅ローン減税は受けられなくなりますので、ご注意ください。

ボーナス返済をご利用の方が返済期間を短縮する場合

ボーナス返済月が変わらないように、ボーナス払い分も含めた6ヶ月単位(毎月払い6回分+ボーナス払い1回分)の
元金が必要です。

  • 合わせて、以下もご確認ください。
トップへ
戻る