住宅ローン専門金融機関/国内最大手

住宅ローン用語集

全期間固定金利

全期間固定金利とは

住宅ローンの金利タイプの中で、借入時の金利が返済開始から終了まで固定されているものが「全期間固定金利」です。借入期間中の金利が変わらないため、毎回の返済額や総返済額が借り入れた時点で確定します。

代表的な全期間固定金利の住宅ローンは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して取り扱う【フラット35】です。また、民間金融機関が独自に、全期間固定金利の商品を提供している場合もあります。

全期間固定金利のメリット、デメリット

メリット

最大のメリットは、借入時の適用金利が住宅ローンの終了時まで適用され、月々の返済額が確定するため、返済開始後の家計プランの見通しが立てやすいことです。また、変動金利の住宅ローンのように、金利上昇による返済額の増加を心配する必要はありません。

デメリット

住宅ローンの金利タイプの中では、一般的に全期間固定金利は最も金利が高くなり利息が多く、毎回の返済額も高くなります。また、市場金利が下降局面になった場合でも金利は下がらず、返済額も下がりません。結果として変動金利の住宅ローンに比べ、返済額の総額が多くなることがあります。

全期間固定金利の借り換え

収入や支出に大きな変動があるなどで、先々の家計に不安要素があるのなら、全期間固定金利へ借り換えれば、金利上昇リスクを避けられ、また返済額を一定にすることができ、住宅ローン返済以外の支出計画も立てやすくなります。

ただし、借り換えをするには、事務手数料や印紙代、登記費用などの諸費用がかかるためメリット金額の算出には注意が必要です。

住宅ローンの返済は長く続くため、返済期間中に金利変動が生じる可能性もあります。安定した返済プランを希望する場合には、金利変動に左右されない全期間固定金利の住宅ローンが検討候補になります。

  • この「用語集」は、あくまで一般的な説明をしているもので、当社の商品の説明や広告をするものではありません。
  • 記事中に用いているシミュレーションの金利は試算例であり、実際とは異なります。

住宅ローンの
お申込・ご相談はこちらから

24時間受付中!

Web申込

お借り入れ・借り換えをWebで診断

住宅ローンシミュレーション

専門スタッフに相談したい!

店舗でご相談

何から始めれば良いかわからない…そんな時は!

ビデオチャット相談

トップへ戻る