• 店舗情報
  • マイページ

MENU

ホーム > 商品一覧 > ARUHIフリーダム

ARUHIフリーダム

※2016年2月29日をもちまして、ARUHIフリーダム003A、ARUHIフリーダムG(102A・103A)の本申込受付は終了しました。

ARUHIフリーダムは、お客さまのニーズに合わせて変動金利(半年型)、当初固定金利型の中から選べる住宅ローンです。

ARUHIフリーダムの特長

ポイント 1 選べる金利タイプ

 

変動金利(半年型)、当初固定金利型(3年・5年・10年・15年)の中から、お客さまに合わせて金利タイプをお選びいただけます。

変動金利(半年型)当初固定金利型(3年・5年・10年・15年)

ポイント 2 保証料・繰上返済手数料0円

 

金利や事務手数料以外にも気になる費用「保証料」と「一部繰上返済手数料」が無料です。

保証料0円   初期費用の負担を軽減
繰上返済手数料0円   返済時の負担を軽減

※インターネットからご利用の場合。

基準金利 (2016年8月時点)

ARUHIフリーダム001A

金利タイプ基準金利借り入れ当初の
金利引き下げ率
初回返済額見直し時以降の
金利引き下げ率
変動金利(半年型)年1.554%-1.000%-0.400%
当初固定金利型3年年1.854%-1.000%-0.700%
5年年1.854%-1.000%-0.700%
10年年1.854%-1.000%-0.700%
15年年1.954%-1.000%-0.700%

適用金利の詳細について(ARUHIフリーダム001A)

1.住宅ローンの適用金利

適用金利は、基準金利をもとに決定されます。基準金利は、当社が金融市場から調達する金利に調達コスト、事務コスト、運用コストおよび一定の収益等を勘案して決定します。
基準金利は、変動金利(半年型)または当初固定金利型によって異なります。また、当初固定金利型の場合は固定金利適用期間の長さによっても異なります。
返済方式は、「元利均等返済方式」が適用され、返済額は、借入金額・借入期間・適用金利をもとに算出されます。
毎月返済分の利息は、「毎月返済分の元金残高×適用金利(年利率)×1/12」で計算します。
増額返済分の利息は、「増額返済分の元金残高×適用金利(年利率)×6/12」で計算します。
なお、増額返済について、適用金利の変更日が前回の増額返済日と次回の増額返済日の間にある場合は、変更前の適用金利と変更後の適用金利でその期間に応じて按分計算します。
利息の計算期間中に1ヶ月未満の端数日数がある場合は、その端数日数については1年を365日とした日割計算で計算します。

2.適用金利の変更について

適用金利の見直しは、毎年4月1日および10月1日(以下「基準日」といいます)に行うものとします。
見直した適用金利の適用開始日(以下「金利変更日」といいます)は次のとおりとします。
  1. ア.基準日が4月1日の場合には、その後に到来する6月6日
    従って、7月の約定返済額から、見直し後の適用金利を適用した支払額になります。
  2. イ.基準日が10月1日の場合には、その後に到来する12月6日
    従って、1月の約定返済額から、見直し後の適用金利を適用した支払額になります。
    ただし、初回の金利変更日は、融資実行日から半年経過した後(当初固定金利型を選択した場合は、金利固定期間が終了した後)に到来する6月6日または12月6日となります。
急激な経済事情の変動、公租公課の増税その他当社が相当と認める事由が発生した場合には、当社は、基準日の到来前であっても、適用金利を変更することができるものとします。

3.金利タイプの変更について

変動金利(半年型)の場合
借り入れ期間中は、自動的に変動金利(半年型)が適用されます。
初回の金利変更日以降、お客さまからの事前のお申し出により、金利変更日に当初固定金利型に移行することが可能です(※)
当初固定金利型の場合
各金利型の金利固定期間が終了するまで適用金利は変更しません。
金利固定期間の中途で他の金利型に変更することはできません。
各金利型の金利固定期間が終了した後は、自動的に変動金利(半年型)に移行となります。なお、お客さまからの事前のお申し出により、金利変更日ごとに再度当初固定金利型を選択することは可能です(※)
  • 金利固定化手数料5,000円(税別)が必要になります。
  • 金利固定化時点で、未払経過利息がある場合には、未払経過利息のお支払いが必要です。

4.金利の引き下げについて

変動金利(半年型)
初回の金利変更日以降、変動金利(半年型)が適用される場合の適用金利については、金利変更の都度、所定の基準金利から年0.4%引き下げた金利が適用金利となります。ただし、その場合の適用金利が負の値になることはないものとします。なお、引き下げの対象となるのは、金利変更月の1ヶ月前の約定返済日時点の残高が500万円以上ある場合に限ります。
当初固定金利型
初回の金利変更日以降、各金利型の中から借入残存期間内の任意の期間を選択し、その期間中の適用金利を固定化する場合には、当該金利固定化期間中は、所定の基準金利から年0.7%引き下げした金利が適用金利となります。ただし、その場合の適用金利が負の値になることはないものとします。なお、引き下げの対象となるのは、金利変更月の1ヶ月前の約定返済日時点の残高が500万円以上ある場合に限ります。

<ご注意>
変動金利(半年型)と当初固定金利型はいずれも初回の金利変更日以降の適用金利は、変動金利(半年型)または当初固定金利型の所定の基準金利を基準として、各金利変更日において改めて決定されます。従いまして、原則として当初の適用金利とは異なります。

5.金利、返済額の変更に伴う通知について

適用金利および返済額が変更された場合は、その都度お客さま宛に書面にて通知します。

Copyright © 2001-2016 ARUHI Corporation. All rights reserved.