• 店舗情報
  • マイページ

MENU

ARUHIスーパーフラット
ホーム > 商品一覧 > 提携保険 > 8疾病保障特約プレミアム > 商品概要

商品概要

商品名

8疾病保障特約プレミアム

8疾病保障特約 入院保障特約
付帯可能ローン

当社が取扱う「住宅ローン」

  • 諸費用ローン、つなぎ融資は対象外。
利用できる方

付帯可能な当社のローンを借り入れになるお客様

  • 連帯債務者、連帯保証人は対象外。
  • 諸費用ローン、つなぎ融資は対象外。
保障対象となる融資金額

100万円以上1億円以内。

  • 加入申込者1人あたり、ご融資金額合計最大1億円まで加入可能。ただし、加入申込者1人あたりのご融資金額の合計額が5,000万円超1億円以内の方は、所定の診断書の提出をお願いいたします。
付帯保険の名称 特定疾病および重度慢性疾患のみ保障特約・就業不能時入院費用保障特約・債務繰上返済支援特約 付帯 就業不能信用費用保険
付帯保険の保障内容

【就業不能信用費用保険金】
保障の開始日以降に、8疾病(ガン(悪性新生物)、脳卒中、急性心筋梗塞、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎)により就業できない状態となり、ローンの約定返済日が到来した場合、最長12ヶ月(保障期間を通算して36ヶ月)を限度として毎月のローン返済相当額が保険金として支払われます。

【債務繰上返済支援保険金】
保障の開始日以降に、8疾病により就業できない状態となり、その日から12ヶ月を経過した日の翌日午前0時までその状態が継続した場合、その時点での債務残高相当額が債務繰上返済支援保険金として支払われます。

  • 就業できない状態(就業不能状態)とは、被保険者本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態をいいます。

【就業不能時入院費用保険金】
保障の開始日以降に、病気やケガにより入院した場合、就業不能時入院費用保険金10万円が、入院一時金として被保険者に支払われます。

  • 就業不能時入院費用保険金のお支払いは、ローン期間を通算して 12回を限度とします。
  • 保険金が支払われた入院が終了した日の翌日から180日以内に、前回と同一の傷害または疾病もしくは、医学上重要な関係にある疾病によりふたたび入院したときは、前回と継続した同一の入院として取り扱い、その入院については、保険金のお支払いの対象となりません。
    (注)「医学上重要な関係」に関しては「被保険者のしおり」をご確認ください。
保険期間 ローンご契約期間(ただし、保障の開始日は下記の通りとなります。)
保障の開始日 ローン実行日から3ヶ月を経過した日の翌日。
ローン実行日から3ヶ月間を待機期間とし、その後保障が開始されます。
  • ローン実行日前の発病、および保障の開始日前に発生した就業不能状態については【就業不能信用費用保険金】【債務繰上返済支援保険金】をお支払いしません。ローン実行日前に発生した病気やケガ、および保障の開始日前に入院した場合については【就業不能時入院費用保険】をお支払いしません。
保障の終了
  • 満81才に到達したとき
  • 債務を完済したとき、ローン契約が無効・取り消しまたは解除になったとき、ローンの期限の利益を喪失したとき(残存債務の即時弁済を求められたとき等)
  • 就業不能信用費用保険金に関して所定の支払限度期間分の保険金が支払われたとき
  • 債務繰上返済支援保険金が支払われたとき
  • 確認書により、アルヒ株式会社と同意した事由に該当したとき
  • 住宅ローン債権の管理・回収業務がアルヒ株式会社以外の第三者に移管されたとき など
その他 保険金のお支払いには、制限条件があります。
ご加入にあたっては、「被保険者のしおり」に記載の「契約概要(就業不能信用費用保険)」、「注意喚起情報(特に重要なお知らせ)」で詳細を必ずご確認ください。ご利用いただく保険は、カーディフ損害保険会社の引受けとなりますので、ご不明な点は「被保険者のしおり」に掲載の問い合わせ先へご連絡ください。
  • 当プランの概要説明はアルヒ株式会社が保険契約者としての立場から、住宅ローン等ご契約者のために行っているもので、いわゆる保険募集のための説明ではありません。
ARUHIの住宅ローンについてのご相談はこちら
Copyright © 2001-2016 ARUHI Corporation. All rights reserved.