ARUHI cookpad

コロナ禍で重視したい
「住まい」の条件は?

料理と暮らし白書2021

アルヒ株式会社とクックパッド株式会社では、4095名の生活者へのアンケート調査をもとに、
「食や料理」と「暮らし」の2つの側面から、変化の兆しとポストコロナのニューノーマルを読み解く
『料理と暮らし白書2021』をリリースしました。
同調査より、「住まい」にまつわる調査結果をピックアップして紹介します。

料理と暮らし白書2021

2021年8月18日

  • コロナ禍の「料理と暮らし」の実態
    • 生活環境
    • 家計・消費
    • 料理
    • 住まい
    • 価値観の変化
  • 変化の兆しとポストコロナの「料理と暮らし」

レポートダウンロード

ポイント1

コロナ禍で広がる在宅勤務。
在宅勤務をしている人のうち
「週5日以上」の人も3割強

Q1. 在宅勤務の頻度(2020年4月以降のおおよその平均)は?
(n=3230)
  • 働いている人のうち、3人に1人以上(35.6%)が在宅勤務を実施
  • 在宅勤務している人のうち、在宅勤務の頻度が「週3日以上」の人が62.1%、
    「週5日以上」の人が31.6%

ポイント2

趣味に仕事に団らんに。
最も改善したい空間は
「リビング」

Q2. 今の住まいの中で最も改善したい空間は?
(n=4095)
  • 最も改善したいと思っている空間は「リビング」(16.6%)。次いで、「キッチン」(15.0%)、「洗面所・浴室・トイレ」(10.1%)
  • おうち時間の増加や在宅勤務の広がりにより、長く過ごすことが増えた場所を快適化したいというニーズが目立つ

ポイント3

住宅購入・住み替えをはじめ、
具体的な行動を起こした人が
2割以上

Q3. コロナ禍をきっかけに、新居の購入や住み替えなどを実施・検討した?
(n=920) ※複数回答

※「特に何もしていない」と答えた人を除いた割合

  • 全回答者のうち、コロナ禍を機に住まいに関して何らかのアクションを実施・検討した人は920名(全体の22.5%)
  • うち、10.4%の人が実際に「住宅を購入」、25.7%の人が「住宅の購入を検討」。
    現住居のリフォーム・リノベーションのニーズもうかがえる

ポイント4

おうち時間の増加が影響?
日当たり、間取り、
収納スペース
を重視

Q4. 次に住まいを選ぶ際、重視したい「住宅に求める条件」は?
(n=4095)※複数回答
  • 重視したい条件として最も多く選ばれたのは「日当たりの良さ」(49.4%)。
    次いで、「間取り」(48.8%)、「収納スペースの多さ」(47.1%)
  • 今の住まいを選んだ際に重視した条件と比較すると、「日当たりの良さ」は7.1ポイント上昇、「収納スぺースの多さ」は14.3ポイント上昇

ポイント5

今もこれからも。住む街に
「日常の買い物の利便性」は欠かせない!

Q5. 次に住まいを選ぶ際、重視したい「居住地域に求める条件」は?
(n=4095)※複数回答
  • 重視したい条件として最も多く選ばれたのは「日常の買い物の利便性」(62.5%)。
    次いで、「治安の良さ」(50.8%)、「最寄り駅までの近さ」(43.7%)
  • 今の住まいを選んだ際に重視した条件と比較すると、「日常の買い物の利便性」は11.5ポイント上昇、「治安の良さ」は12.6ポイント上昇

ポイント6

「新築戸建て」派が最多。
中古はマンション派が
戸建て派を上回る

Q6. 購入・住み替えを実施・検討している物件は?
(n=408)
  • 最多は「新築戸建て(建売住宅)」(25.7%)で、4人に1人が選択。次いで、「新築マンション」(15.9%)と、コロナ禍でも新築人気が顕在化
  • 「中古戸建て」(11.0%)に比べ、「中古マンション」「土地付き注文住宅」(同率14.5%)の需要が高い

調査概要

調査実施機関と
調査方法
①アルヒ株式会社:株式会社マクロミルのアンケートモニターへのインターネット調査
②クックパッド株式会社:レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」ユーザーへのインターネット調査
※2社合同で同一のアンケート調査票を作成し、それぞれ調査を実施後、調査結果を統合。
調査期間 ①2021年6月9日(水)~10日(木)
②2021年6月17日(木)~22日(火)
調査対象 全国の男女/4095サンプル
ARUHI cookpad

コロナ禍で重視したい「住まい」の条件は?

料理と暮らし白書2021

本調査結果引用時のお願い

本調査結果の引用時には、以下のご対応をお願いいたします。

  • 出典元として、調査名【アルヒ株式会社・クックパッド株式会社による『料理と暮らし白書2021』】を明記してください
  • Web上で引用いただく際には、『料理と暮らし白書2021』ページ(https://www.aruhi-corp.co.jp/kurashi-institute/lifestyle2108/)へのリンク付与をお願いいたします
  • 調査結果データの加工・改変はご遠慮ください

お問い合わせ

調査データ利用・取材のお申し込み等の
ご相談はこちら

publicity@aruhi-group.co.jp

トップへ戻る