住宅ローン専門金融機関/国内最大手

ARUHI 変動S

ARUHI変動S 概要

ARUHI 変動Sは、ARUHIオリジナルの変動金利住宅ローンです。

適用金利

金利タイプ 適用金利
変動金利(半年型) 0.900% 1.100%
当初
固定金利型
3年 1.000% 1.200%
5年 1.020% 1.220%
10年 1.150% 1.350%
変動金利(半年型)【ARUHI 変動Sワイド※3】 2.975%
  • 2019年12月実行金利
  • 適用金利は、借入条件により異なります。
  • ARUHI 変動Sワイドについて詳しくはお近くの店舗までお問い合わせください。
  • Speed:審査スピードが早い※1

    SPEED

    審査スピードが早い※1

    審査スピードが最大のメリットです。事前審査から融資実行まで最短5営業日※2で行うことが可能なため、月の半ばにお申し込みをいただいた場合も、月内にご融資実行が可能です。※3

  • Select:金利タイプも
    団体信用生命保険も選択可能

    SELECT

    金利タイプは、変動金利(半年型)と当初固定金利型(3年・5年・10年)からお客さまのご希望に合わせてお選びいただけます。
    また、団体信用生命保険は、ARUHI 団体生命信用保険にご加入いただきます。死亡や高度障害の際に保障する一般団信はもちろん、ガンや生活習慣病と診断された場合を保障するがん団信・生活習慣病団信も取り扱いがございます。
    豊富なラインナップの中からお客さまのご希望に合った商品をお申し込みいただけます。
    詳しくは、ARUHI 団体信用生命保険をご覧ください。

    金利タイプも団体信用生命保険も選択可能

    金利タイプは、変動金利(半年型)と当初固定金利型(3年・5年・10年)からお客さまのご希望に合わせてお選びいただけます。
    また、団体信用生命保険は、ARUHI 団体生命信用保険にご加入いただきます。死亡や高度障害の際に保障する一般団信はもちろん、ガンや生活習慣病と診断された場合を保障するがん団信・生活習慣病団信も取り扱いがございます。豊富なラインナップの中からお客さまのご希望に合った商品をお申し込みいただけます。
    詳しくは、ARUHI 団体信用生命保険をご覧ください。

  • System:本申込と同日に契約面談が可能 ※4

    SYSTEM

    本申込と同日に契約面談を行うことが可能なため、お客さまに何度もご来店いただく必要はありません。

    本申込と同日に契約面談が可能※4

    本申込と同日に契約面談を行うことが可能なため、お客さまに何度もご来店いただく必要はありません。

  • 「ARUHI フラット35」「ARUHI スーパーフラット」の審査スピードと比較した場合
  • 事前審査お申し込み時に申込内容が全て確定しており、かつ本申込時にも申込内容に変更がない場合
  • 追加資料などが必要になり審査日数を要し、月内のご融資が出来ない場合があります。
  • ただし、※2の場合など一定の条件を満たした場合に限ります。

ARUHI変動S 適用金利について

適用金利について

1. 住宅ローンの適用金利

  • 適用金利は、基準金利および保証料率をもとに決定されます。基準金利は、当社が金融市場から調達する金利に調達コスト、事務コスト、運用コストおよび一定の収益などを勘案して決定します。
  • 基準金利は、変動金利(半年型)または当初固定金利型によって異なります。また、当初固定金利型の場合は固定金利適用期間の長さによっても異なります。
  • 返済方式は、「元利均等返済方式」が適用され、返済額は、借入金額・借入期間・適用金利をもとに算出されます。
  • 毎月返済分の利息は、「毎月返済分の元金残高×適用金利(年利率)×1/12」で計算します。
  • 増額返済分の利息は、「増額返済分の元金残高×適用金利(年利率)×6/12」で計算します。
    なお、増額返済について、適用金利の変更日が前回の増額返済日と次回の増額返済日の間にある場合は、変更前の適用金利と変更後の適用金利でその期間に応じて按分計算します。
  • 利息の計算期間中に1ヶ月未満の端数日数がある場合は、その端数日数については1年を365日とした日割計算で計算します。

2. 適用金利の変更について

  • 適用金利の見直しは、毎年4月1日および10月1日(以下「基準日」といいます)に行うものとします。
  • 見直した適用金利の適用開始日(以下「金利変更日」といいます)は次のとおりとします。
    • 基準日が4月1日の場合には、その後に到来する6月6日
      従って、7月の約定返済額から、見直し後の適用金利を適用した支払額になります。
    • 基準日が10月1日の場合には、その後に到来する12月6日
      従って、1月の約定返済額から、見直し後の適用金利を適用した支払額になります。
    ただし、初回の金利変更日は、融資実行日から半年経過した後(当初固定金利型を選択した場合は、金利固定期間が終了した後)に到来する6月6日または12月6日となります。
  • 急激な経済事情の変動、その他当社が相当と認める事由が発生した場合には、当社は、基準日の到来前であっても、適用金利を変更することができるものとします。

3. 金利タイプの変更について

変動金利(半年型)の場合

  • お借入期間中は、自動的に変動金利(半年型)が適用されます。
  • 初回の金利変更日以降、お客さまからの事前のお申し出により、金利変更日に当初固定金利型に移行することが可能です。

当初固定金利型の場合

  • 各金利型の金利固定期間が終了するまで適用金利は変更しません。
  • 金利固定期間の中途で他の金利型に変更することはできません。
  • 各金利型の金利固定期間が終了した後は、自動的に変動金利(半年型)に移行となります。
    なお、お客さまからの事前のお申し出により、金利変更日ごとに再度当初固定金利型を選択することは可能です。
    ただし、返済が遅延している場合は、この限りではありません。
  • 当初固定金利型への変更は金利変更日ごとに行えるものとします。
  • 金利固定期間終了日に、再度当初固定金利型を選択した場合、適用金利、その金利変更日における元金残高、残存借入期間および未払利息に基づいて新しい返済額を算出します。
  • 金利固定化手数料5,000円(税別)が必要になります。
  • 金利固定化時点で、未払経過利息がある場合には、未払経過利息のお支払いが必要です。

4. 返済額の変更について

変動金利(半年型)の場合

  • お借り入れ後は、適用金利が変更された場合でも、変動金利(半年型)適用開始日より5回目の10月1日の属する月の翌々月の返済日まで毎回返済額は変更されません。ただし、毎回返済額の元金・利息の内訳は変更されます。
  • 毎回返済額が変更されない間に、金利が上昇した場合、金利水準によっては、毎回返済額の内訳がすべて利息となり、毎回返済額を超えた部分については、未払利息となります。なお、毎回返済額は未払利息・その回に返済すべき利息・元金の順に充当されるため、元金残高が減らないことがあります。
  • 変動金利(半年型)適用後、5回目の10月1日を基準とする金利変更日までに当初固定金利型を選択しなかった場合、適用金利、その金利変更日における元金残高、残存借入期間及び未払利息に基づいて新しい毎回返済額を算出します。ただし、新しい毎回返済額は極端な毎回返済額の増額とならないように、変更前の毎回返済額の125%を上限に決定します。
    なお、新しい毎回返済額の125%を超える場合、超過した利息については未払利息として取り扱います。

5. 金利、返済額の変更に伴う通知について

適用金利および返済額が変更された場合は、その都度お客さま宛に書面にて通知します。

ご融資条件

ご融資条件

商品名

ARUHI 変動S

申込要件

  • 申込時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方。
  • 日本国籍の方、永住許可を受けている方または特別永住者の方。
  • 前年度税込年収が100万円以上の正社員の方。
  • 前年所得額が100万円以上の自営業の方。
  • すべての借入れ※に関して、年収に占める年間合計返済額の割合(=総返済負担額)が40%以下の方。(収入を合算できる場合も有)
    • ARUHI 変動Sの他、ARUHI 変動S以外の住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、カードローン(クレジットカードによるキャッシング、商品の分割払いやリボ払いによる購入を含む)等をいいます。(収入合算者の分を含む)
  • ARUHIの指定する団体信用生命保険へ加入いただける方。
  • 借入対象となる住宅またはその敷地を共有する場合は、申込みご本人が共有持分を持つ等の要件があります。

注意事項

  • 年収は、原則として、申込年度の前年(2019年度においては2018年1月~12月)の収入を証する公的証明書に記載する次の金額となります。
    • 給与収入のみの方は給与収入金額
    • 上記以外の方は、所得金額(事業所得、不動産所得、利子所得、配当所得及び給与所得それぞれの所得金額の合計額)
  • 申込むことができるのは、連帯債務者を含めて上限2名です。

資金使途

  • 申込みご本人またはご親族がお住まいになる新築住宅の建設・購入資金または中古住宅の購入資金。
  • 中古住宅の購入に併せて発生するリフォーム資金。
  • 申込ご本人またはご親族が居住中の住宅のリフォーム資金。
  • 上記にかかる一部の諸費用。(次表参照)
融資事務手数料
つなぎ融資事務手数料・期間利息
火災(地震)保険料
修繕積立基金、管理準備金
※入居時一括支払分のみ
適合検査に関する費用
(適合・建築確認)
固定資産税、都市計画税の
初年度清算金
不動産仲介手数料
登記費用
印紙代
オプション工事費
解体工事関連費
造成工事費
基礎補強工事関連費
住宅に付随するインテリア資金
住宅に付随するエクステリア資金
屋外給排水工事費用
住宅用発電設備費および省エネ設備費


注意事項

セカンドハウスとして利用する住宅の建設・購入資金は取扱できません。

借入対象となる住宅

  • 住宅の床面積※1が、次表の基準に適合すること。

    一戸建て住宅、連続建て住宅、重ね建て住宅の場合※2 40㎡以上
    共同建ての住宅(マンション等)の場合 30㎡以上
    • 店舗付き住宅等の併用住宅の場合は、住宅部分の床面積が非住宅部分(店舗、事務所等)の床面積以上であることが必要です。
    • 連続建て住宅:共同建て(2戸以上の住宅で廊下、階段、広間等を共用する建て方)以外で、2戸以上の住宅を横に連結する建て方。
      重ね建て住宅:共同建て以外の建て方で、2戸以上の住宅を上に重ねる建て方。
  • 敷地面積が40㎡以上の住宅。
  • 住宅の建設費または購入価額の要件はありません。

借入額

100万円以上1億円以下(10万円単位)で、建設費または購入価額(非住宅部分を除く※)以内。

  • 店舗、事務所等の非住宅部分は借入対象外となります。

借入期間

10年以上で、かつ、次の(1)または(2)のいずれか短い年数(1年単位)が上限となります。

  • 「80歳」―「お申込時の年齢※1(1年未満切上げ)」
    • 収入合算者がいる場合には、申込みご本人と収入合算者のうち、高い方の年齢を基準とします。
  • 35年

注意事項

(1)または(2)のいずれか短い年数が10年より短くなる場合は借入対象となりません。

借入金利

変動金利(半年型)※1※2または当初固定金利型(3年、5年、10年)※1※3です。

  • 申込時ではなく、資金受取時の金利となります。なお、資金の受取日はARUHIの定める日となります。借入金利はARUHIホームページでご案内しています。
  • 借入金利の見直しは毎年4月1日および10月1日に行います。
  • 金利固定化を行うときは金利固定化手数料5,000円(税別)の支払が必要です。

返済方式

元利均等毎月払いとなります。6か月毎のボーナス払い(借入額の40%以内〔10万円単位〕)も併用できます。

担保

借入対象となる住宅及びその敷地に、保証会社である静銀信用保証株式会社を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定していただきます。

  • 抵当権の設定費用(登録免許税、司法書士報酬等)は、お客さま負担となります。

保証人

必要ありません。

団体信用生命保険

ARUHIの指定する団体信用生命保険へご加入いただきます。

  • 団体信用生命保険は、加入する団信保障プランにより金利が異なります。また、健康状態等により、加入できない場合があります。
  • 収入合算する場合、原則申込ご本人または収入合算者のうち年収の高い方にご加入いただきます。

火災保険

  • 返済終了までの間、借入対象となる住宅については、火災保険(損害保険会社の火災保険または法律の規定による火災共済)に加入していただきます。
  • 建物の火災による損害を補償対象としていただきます。
  • 保険金額は、借入額以上※1としていただきます。
  • 保険期間、火災保険料の払込方法の取扱いは、ARUHIへお問合わせください。
  • 借入額が損害保険会社の定める評価基準により算出した金額(評価額)を超える場合は評価額とします。
  • 火災保険は、お客さま負担となります。

融資手数料

融資金額の2.0%(消費税別)

  • 最低事務手数料 200,000円(消費税別)
  • 税率の適用基準日は、契約日ではなく融資実行日となります。
  • 融資手数料は、お客さま負担となります。

保証料・繰上返済手数料

  • 保証料は金利上乗せとなります。
  • 繰上返済手数料は次表のとおりです。

  • 繰上返済の方法 手数料および取扱金額
    電話・郵送でのご利用 インターネットでのご利用
    一部繰上返済
    ※期間短縮型のみ
    10,000円(税別) 無料
    30万円以上
    (1万円単位)
    1万円以上
    (1万円単位)
    ※ただし毎月返済額の最低1回以上の額
    全額繰上返済 50,000円(税別) 受付不可
  • 一部繰上返済の場合、繰上返済日は毎月の返済日となります。

収入の合算

収入合算できる方

次の(1)から(5)までのすべての要件に当てはまる方ひとりの収入を合算できます。

  • 申込みご本人の親、子、配偶者または婚約者。※1
  • 申込時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方。
  • 申込みご本人と同居する方。※2
    • 婚約者の場合契約面談時までにご入籍が必要です。
    • ご親族が住むための住宅の場合は、借入対象となる住宅に入居する方も収入合算できます。
  • 連帯債務者になる方。(1名のみ)
  • 日本国籍または永住許可を受けている方または特別永住者の方。

収入合算できる金額

収入合算できる金額は、申込ご本人の年収の50%までとなります。(【例】参照)

収入合算した場合の借入期間の上限

「借入期間」=「80歳」一「次の(1)または(2)のうち年齢が高い方の申込時の年齢(1歳未満切上げ)」

  • 申込みご本人
  • 収入合算者

【例】申込みご本人の年収が400万円、収入合算者の年収が600万円の場合

収入合算できる金額は200万円となります。

その他

  • 買戻特約が付き、借入時までに設定登記を抹消できない場合はご利用いただけません。
  • 保留地の場合はご利用いただけません。
  • 第三者と共有する仮換地の場合はご利用いただけません。
  • 敷地が借地の場合はご利用いただけません。
    ただし地上権付マンションについてはご利用いただける場合があります。ARUHIへお問い合わせください。

実質年率

1.0%~15.0%

返済回数

119~419回

遅延損害金率

年14.0%(年365日の日割計算)

住宅ローンの
お申込・ご相談はこちらから

24時間受付中!

Web申込

お借り入れ・借り換えをWebで診断

住宅ローンシミュレーション

専門スタッフに相談したい!

店舗でご相談

何から始めれば良いかわからない…そんな時は!

ビデオチャット相談

トップへ戻る

閉じる×