住宅ローン専門金融機関/国内最大手

アルヒ株式会社 > > お知らせ > 2019 > 住宅ローン減税を受けるための「融資額残高証明書」の発行について

お知らせ

各 位

  • 2019年9月20日
  • アルヒ株式会社

住宅ローン減税を受けるための「融資額残高証明書」の発行について

平素よりARUHIをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

住宅資金の融資を受けられた場合、一定の要件にあてはまるときは、所得税の税額控除(住宅借入金等特別控除)が受けられます。

住宅ローン控除の適用を受けるためには、確定申告の手続きが必要になります。

給与所得者は、初年度(入居後最初に適用を受ける年)のみ確定申告が必要で、2年目以降は、会社の年末調整の際、「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」等を勤務先に提出し、控除を受けることができます。
給与所得のみ以外の方は、毎年確定申告が必要になります。

住宅ローン減税制度の詳しい内容につきましては、国税庁ホームページの「住宅を新築又は新築住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)」をご参照いただくか、税務署にお問い合わせ願います。

※住宅ローンのお借り換えをいただきましたお客さまはこちらもご参照ください。
国税庁ホームページ「住宅ローン等の借換えをしたとき」

 

1.ARUHIフラット35発送スケジュール

ご融資実行時期
入居日(注1)
発送日 発行方法
2019年8月31日まで 2019年10月1日(火) 住宅金融支援機構より郵送(注2)
2019年9月1日から
12月31日まで
2020年1月23日(木)

(注1)ご融資物件に居住されていることが発行の条件となります。
(ARUHIに新住所届(新住民票)が提出済みであること(借り換えを除く)が条件となります。)

(注2)親族居住用などで連帯債務者さまのみが融資住宅に居住している場合は、連帯債務者さまが自動発送の対象となります。

 

ARUHIフラット35「融資額残高証明書」の送付について

住宅ローンの契約者が2名(A様・B様)、12月末残高(推計)が15,000,000円で、A様・B様ともに発行を希望されている場合、「融資額残高証明書」はA様あてに、A様・B様両名分が郵送されます。
(残高はともに15,000,000円と記載されています。)

住宅金融支援機構WEBサイトにて「融資額残高証明書」の見本がご覧いただけます。

 

ARUHIフラット35の年末残高証明書は「住宅金融支援機構 住・My Note」からも発行を依頼することが出来ます。
ぜひご活用ください。

住・MyNote

 

2.ARUHIフラット35以外(ARUHI スーパーフラット・ARUHI フラットα・ARUHI フリーダム・ARUHI 変動S等)

ご融資実行時期
入居日(注1)
発送日 発行方法
2019年8月31日まで 2019年10月10日(木) ARUHIより発送
2019年9月1日から
12月31日まで
2020年1月23日(木)

※ご融資物件に居住されていることが発行の条件となります。
(ARUHIに新住所届(新住民票)が提出済みであること(借り換えを除く)が条件となります。)

 

「融資残高証明書」送付先について

住宅ローン契約者が2名いらっしゃる場合は、主債務者さま、連帯債務者さま各々に送付いたします。

 

【ARUHIより発送する「融資額残高証明書」の見本】

「融資額残高証明書」の見本

  • 毎年、融資額残高証明書のお問い合わせを大変多くいただきますので、お電話がつながりにくい状況となります。
  • お送りした証明書に関しましては年末調整、確定申告で必要となりますので、大切に保管をしていただくようにお願いいたします。
  • マイページおよび書類発行フォームより書類の発行を承ることができますので、なるべくそちらをご利用ください。

 

ご不明な点がございましたら、お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

今後とも変らぬご愛顧を何卒宜しくお願いいたします。

上記は掲載時点の情報です。記載されている会社名、リンクされているURLについては現在存在しないこともあります。
あらかじめご了承ください。最新情報についてはサイト内の各ページにてご確認ださい。
トップへ戻る